ロゴ

電機・情報ユニオン大阪支部

管理職・正社員・派遣社員・パート社員など、誰でも、一人でも入れる労働組合

Twitter Facebook Google+ YouTube
〒530-0034 大阪市北区錦町2-2 国労大阪会館3階 大阪民主センター内
TEL/FAX 06-6354-7237

パナソニックAIS社のニュース・ビラ No.3

パナソニックAIS社は人を大切に、雇用を守れ!

「物をつくる前に人をつくる」 創業者 松下幸之助氏は草葉の陰で泣いている

(上の写真はパナソニックAIS社の12人をはげます集会で、「大阪のうたごえ協議会」による大合唱)

通勤可能な職場を求め団体交渉

パナソニックAIS社は昨年4月28日回路部品事業部の一部職場をアメリカのスカイワークス社へ分割譲渡すると発表し、従業員に転籍を迫ってきました。これに対し定年までパナソニックで働きたいと30数名の労働者が転籍に同意しませんでした。

パナソニックは12月1日転籍に同意しなかった労働者に対し家庭の事情や健康状態など一切聞かず、いきなり北海道や福井県、兵庫県の但馬などに転勤を命じてきました。これに対し12人は電機ユニオンに加入し通勤可能な職場を求め会社と団体交渉を始めました。(上の写真はこの12人をはげます集会で、「大阪のうたごえ協議会」による大合唱)

パナソニックは松下幸之助氏の教えやオリンピック憲章の精神を尊重してください!

2020年に東京で行われるオリンピックとパラリンピックでパナソニックは最大のスポンサーになると報道されています。

転勤により2重生活になる人、親の介護が出来なくなる人、身体に障害や病気を持っており健康を危惧する人とさまざまです。会社の意に沿わないからといって、いきなり遠隔地に転勤を通告してくるのは、会社の報復としか言いようがありません。3人の、ろうあ者のなかの一人の方は「難病の妻を残して転勤はできません」と訴えられています。

今回の分割譲渡は会社が考えたことで労働者に責任はありません。

パナソニックは労働者の意向に沿った職場を見つけるべきです。松下幸之助氏の教えや、オリンピック憲章の精神にふさわしい行動をとってください。

パナソニックAIS社は人を大切に、雇用を守れ!(表) パナソニックAIS社は人を大切に、雇用を守れ!(裏)

パナソニックAIS社の他のニュース・ビラ