ロゴ

電機・情報ユニオン大阪支部

管理職・正社員・派遣社員・パート社員など、誰でも、一人でも入れる労働組合

Twitter Facebook Google+ YouTube
〒530-0034 大阪市北区錦町2-2 国労大阪会館3階 大阪民主センター内
TEL/FAX 06-6354-7237

パナソニックアドバンストテクノロジーのニュース・ビラ No.18

パナソニック健康保険組合に行政指導!!

2件の労災の認定妨害のために、医療機関が医療情報を悪用・漏洩!!

松下記念病院などを経営するパナソニック健康保険組合(パナ健保)は、Sさんの診療録を不適切に扱っている等と、監督官庁である大阪府守口保健所から文書による行政指導を受けました。個人情報保護法や、医師法に照らして不適切と行政指導を受けました。

医師・医療機関も関与して不祥事隠蔽

パナ健保は、パナソニックアドバンストテクノロジー(パナAD)社長のパワハラによる精神障害と、パナAD管理職の暴行による負傷、2件の労災認定を妨害する目的で、複数の医師が患者の医療情報を悪用・漏洩させました。

悪用・漏洩された医師意見書には、Sさんに対する人格攻撃が多数記載されています。

パナソニック健康保険組合の医師意見書

二次・三次漏洩で被害拡大

悪用・漏洩された医療情報は、パナAD・国を通じて民間人へ、二次・三次漏洩しています。

医療情報は、差別や偏見、不利益に繋がる要配慮個人情報とされており、早急な被害拡大防止、被害回復が求められますが、パナ健保は苦情に対応せず、被害を拡大させてきました。

パナソニックADパワハラ労災裁判とは

2005年12月、会社が進めるリストラ、労働条件改悪に対して、職場の声を反映させようとしたSさんの社内労組活動を嫌悪し、社長ら幹部から、3時間半の面談を受け、2006年4月には約7万円の賃下げを受けました。

2007年3月には、社内労組活動に対して、事実確認も懲戒手続きも取られることなく、懲戒処分の罰則を10日間に渡って求められ続け、3月9日には、社長ら幹部5人に取り囲まれ、机を何十回と叩き付け、大声で怒鳴り付け、会社の録音反訳でも「殺すぞ」「しばき 倒すぞ」等、100件近い暴言(脅迫、人格否定、退職強要、差別評価、組合介入)を受け、同月、発病した適応障害の労災認定を求めるものです。

【ビラ】パナソニック健康保険組合に行政指導!!

上司は暴行で起訴猶予(被疑事実は明白)

加害者上司には懲戒なし・被害者の被害届に懲戒解雇事由⇒普通解雇

上司の暴行は明白

パワハラ被害者を騙して医療情報を取扱い

パナソニック事業場内にあるパナ健保の診療所(健康管理室)では、向精神薬の長期処方や怪我の応急処置等、診療が行われています。

パナADは、社長からのパワハラ被害で、メンタル不調を訴えるSさんに、当時の人事責任者が「健康管理室の先生っていうのは、守秘義務があるので、外部に漏れないので。」と説明し、Sさんが「外部っていうのは、社内も含めて?」と確認すると、「そうそう。」と答えています。

パナADは、パワハラ被害者のSさんを騙し、健康管理室の医療情報を不正取得し、悪用・漏洩し、不正手段で労災認定を妨害しています。

医療情報漏洩の苦情に対して懲戒事由を濫発

パナADは、Sさんが、医療情報が漏洩していることで、健康管理室に苦情を申し出たことに対しても懲戒事由を濫発しています。医療情報を不正取扱いしている人事責任者が、懲戒事由濫発しています。

パナソニックAD不当解雇裁判とは

Sさんの社内労組活動を嫌悪し、社長ら幹部によるパワハラで、精神障害を発病させました。会社は、発病後も嫌がらせを続け、電機・情報ユニオンに助けを求めたSさんに対して、組織的に秘密録音を行い、暴行、暴言、適正な業務資料を与えない、医療情報の不正な扱いを放置する等のパワハラを繰り返し、病状により混乱、パニックを起こすSさんに、1年間で、17件もの懲戒事由を濫発して、精神障害のまま不当解雇した事件です。

会社は、電機・情報ユニオンに対しても、「第三者」と決め付け、報復を示唆したり、執行委員長への電話を秘密録音したり、不誠実な説明を行う等、労組活動を嫌悪した不当労働行為による不当解雇です。

署名のお願い

2月5日、大阪高裁へ累計でパワハラ労災の団体署名375筆、個人署名3620筆を、大阪地裁へ不当解雇の団体署名369筆、個人署名3553筆を提出後も多数の署名が届いています。

「労災認定妨害のため、医療機関が、医療情報を不正に扱うって、ブラック過ぎる」と、パナソニックグループの企業体質に、驚かれる声が多数上がっています。

【ビラ】上司は暴行で起訴猶予(被疑事実は明白)

関連裁判等の予定

パナソニック裁判 不当解雇訴訟(パワハラで精神疾患にして解雇)
   大阪地方裁判所で解雇無効の勝利判決

パナソニック裁判 パワハラ労災訴訟(子会社社長のパワハラ認定)
   大阪高等裁判所で休業中の業務起因性を明らかにしない不当判決

パナソニック裁判 安全配慮義務違反訴訟(パワハラ後に3度の長期休業)
   大阪地方裁判所 本館809号法廷

パナソニックアドバンストテクノロジーの他のニュース・ビラ