ロゴ

電機・情報ユニオン大阪支部

管理職・正社員・派遣社員・パート社員など、誰でも、一人でも入れる労働組合

Twitter Facebook Google+ YouTube
〒530-0034 大阪市北区錦町2-2 国労大阪会館3階 大阪民主センター内
TEL/FAX 06-6354-7237

パナソニックアドバンストテクノロジーのニュース・ビラ No.9

パナソニックで個人情報不正取扱が頻発

パナソニック本社・パナソニックAD・パナソニック健康保険組合医師・顧問弁護士

個人情報保護の内部規定など無視

パナソニックグループでは、パナソニック社長名による個人情報保護基本規定などで、お客様、株主、取引先、従業員等の個人情報の保護を定めていますが、そのような内部規定など一切無視した、個人情報の不当取得、不当取扱が相次いで発生しています。複数のパナソニック健康保険組合医師や、顧問弁護士も関与した組織的で悪質なものです。利益のためなら、個人情報保護法違反でも、お構いなしです。

要支援の家族のプライバシーを隠し撮り

パナソニックグループでは、医療や健康に関わる個人情報は、機微な個人情報として、本人の同意のない取得や取扱いを禁止しています。

ところが、パナソニック本社は、要支援状態の家族の健康状態を確認するため、従業員の家族のプライベートの写真を隠し撮りしています。ストーカーの様に、付きまとい、隠れてプライベートの写真を撮っています。

介護事業も展開するパナソニックグループで、このような卑劣で破廉恥行為が行われています。

会社から電話を掛けて秘密録音

パナソニックグループでは、労働組合活動に関わる個人情報は、機微な個人情報として、本人の同意のない取得や取扱いを禁止しています。

パナソニックアドバンストテクノロジーは、団体交渉後の事務折衝での協議事項に対して、団交出席社員が録音を開始した後に、会社から電機・情報ユニオン大阪支部執行委員長へ電話を掛けた上で、一言も断ることなく、秘密録音を続けた上で、無断で、顧問弁護士が訴訟代理人を務めるパナソニックAD2件の裁判に、秘密録音を証拠として提出しています。法令遵守、企業倫理遵守の指導的役割を果たさない顧問弁護士は、ブラック弁護士とも言える存在です。

健康保険組合医師から医療情報も漏えい

松下記念病院も経営するパナソニック健康保険組合の複数の医師からは、精神障害を発病する患者の医療情報が患者に無断で、第三者へ提供されています。医師の守秘義務も守られていません。パナソニックADは、不正入手した医療情報を使って、子会社社長らのパワハラによる精神障害、上司の暴力による怪我、2件の労災認定を妨害しました。医療も関わるブラックな行為を繰り返しています。

パナソニックで個人情報不正取扱が頻発

パナソニックがブラック企業化

ダントツ日本一のリストラ企業

東洋経済の「5年間前より正社員を減らした500社ランキング」で、ダントツの日本一は、パナソニックで、その人数は、13万502人です。2位がNECの4万3476人なので、3倍以上もの大リストラ企業、日本一のリストラ企業です。

このようなリストラの手段として、パナソニック健康保険組合医師や顧問弁護士まで関与して、個人情報保護法や個人情報保護の内部規定も無視した不正取得、不正取扱を行うようでは、もはやブラック企業の仲間入りと言えます。

個人情報漏えい事故ではない故意の不正

個人情報の不正取得や不正取扱は、決して、従業員のミスなどにより生じたものではなく、組織ぐるみで故意に行われているものです。
利益を追求する企業で、組織ぐるみで不正行為が行われ、自浄作用も働かなくなると、どこまでもブラック化するしかありません。

パナソニック子会社社長の「殺すぞ(*)」「殺したろか(*)」という「(ひどい)嫌がらせ、いじめ(*)」を社内通報(*)した通報者は、組織ぐるみで、秘密録音された上、上司から暴力(書類送検)を受けた上で、不当解雇されています。

「パナソニック行動基準」に反する行動

パナソニックグループの、すべての取締役、役員、従業員が遵守しなければならない「パナソニック行動基準」では個人情報について、次の様に定めています。

私たちは、個人情報の重要性を認識し、その収集、記録、管理、利用、廃棄において、所定の規則に従い適切に取り扱います。また、個人情報の紛失、改ざん、漏えいなどの防止に努めます。

パナソニックグループでは、自ら定めた最も根幹のルールである「パナソニック行動基準」すら、守られなくなっています。
ルールが守られない企業では、従業員だけでなく、お客様、株主、取引先の個人情報や機密情報の取扱も危険にさらされます。


注釈:* はパワハラ労災訴訟の第1審判決文より

パナソニックがブラック企業化

関連裁判等の予定

パナソニック裁判 不当解雇訴訟(パワハラで精神疾患にして解雇)
   大阪地方裁判所 本館809号法廷

パナソニック裁判 パワハラ労災訴訟(子会社社長のパワハラ認定)
   大阪高等裁判所 別館82号法廷

パナソニックアドバンストテクノロジーの他のニュース・ビラ